STRONG MAGNETIC FIELD FORUM

強磁場フォーラム フロンティア奨励賞

第3回(2021年度)強磁場フォーラム フロンティア奨励賞募集のご案内
2021年 10月 強磁場フォーラム


1. 趣旨
強磁場フォーラムでは、このたび、2005年に制定された強磁場フォーラム 三浦奨励賞を 発展させた若手研究者を顕彰するため、強磁場フォーラムフロンティア奨励賞を制定いたしました。 日本の強磁場研究を担う若手研究者の育成を支援するため、強磁場に関連した研究において、 新しい着想で優れた成果をあげ、強磁場分野の発展に貢献した若手研究者を募集します。

2. 対象者
日本における研究機関で、強磁場に関連した研究において、新現象の発見や解明、新しい理論的提案、 新たな着想の実験技術開発、などに関して優れた成果をあげ、強磁場分野の発展に貢献した若手研究者 (2021年1月1日現在満40歳以下の者、あるいは博士取得後10年以内の者)。 研究分野および国籍は 問わない。 なお、受賞に至らなかった応募書類は、応募条件を満たし、取り下げの希望が 無い場合に、 次年度以降も自動的に対象者となる。

3. 賞の内容 
賞状および記念品

4. 応募方法
自薦及び他薦による。所定の用紙(1部)に記入してPDFに変換、資料のPDFファイルと共に アップロードする。推薦の場合、推薦書は推薦者から強磁場フォーラム事務局に電子メール で送付すること。応募要項と様式の詳細は強磁場フォーラムホームページより入手できます。 第3回(2021年度)強磁場フォーラムフロンティア奨励賞募集 (word)


5. 締切期日 
2021年11月6日(下記指定URLから応募のこと)  

6. 選考方法
強磁場フォーラム幹事会で選考します。

7. 決定 
2021年11月下旬に決定し、ご本人に電子メールで通知致します。

8. 賞の贈呈ならびに記念講演 
2021年12月1日開催の2021年度強磁場フォーラム総会で行います。

9. 応募書類送付先
以下のformから応募ファイルをアップロードしてください。
https://forms.gle/47LLvE5iu7XVeoiz5

強磁場フォーラム事務局
問い合わせは電子メールで hf-j[at]imr.tohoku.ac.jp まで。

歴代受賞者 (受賞者の所属・職名は受賞当時のものです)

第1回強磁場フォーラムフロンティア奨励賞(授賞式:2019年12月4日)

 酒井 英明  (大阪大学大学院理学研究科物理学専攻・准教授)
「強磁場を用いたディラック電子系磁性体の強相関量子輸送現象の解明」

 吉田 紘行  (北海道大学大学院理学研究院物理学部門・准教授)
「強磁場磁化測定による新規フラストレート磁性体の磁化過程の研究」


第2回強磁場フォーラムフロンティア奨励賞(授賞式:2020年12月3日)

 井原 慶彦  (北海道大学大学院理学研究院・講師)
「準安定パルス磁場を用いたパルス強磁場中核磁気共鳴測定の開発とミクロな強磁場物性測定」

 古川 俊輔  (慶應義塾大学 理工学部 物理学科・専任講師)
「強磁性・反強磁性相互作用の競合する量子磁性体の理論的研究」


第3回強磁場フォーラムフロンティア奨励賞(授賞式:2020年12月1日)

 三宅 厚志  (東京大学物性研究所・助教 )
「磁場に依存しない温度計の開発によるウラン系超伝導体におけるメタ磁性転移と超伝導の研究」

 山口 博則  (大阪府立大学大学院理学系研究科・准教授)
「有機ラジカル系によって実現する多彩な量子スピンモデルの強磁場物性」